家族経営のメリット・デメリット!成功させるためのコツを解説!

家族経営のメリットやデメリットを知りたいと考えている方も多いはずです。

家族経営はよくある経営方法であり、機動力にも優れています。

ただ、注意を逸らすとデメリットの面も強くなるので注意してください。

当記事では、家族経営のメリット・デメリットを中心に解説し、メリットを最大限高める方法もお伝えします。

 

この記事の読み方

 

すぐ集まる!

家族経営のメリット

家族経営のメリット家族経営のメリットの一例を紹介します。

  1. 機動的なビジネス展開ができる
  2. 人件費を安く抑えやすい
  3. 計画から実行までがスムーズ

家族経営のメリットをまとめると、費用を安く抑えながら機動的なビジネス展開ができる点です。

それぞれのメリットを以下で詳しく解説します。

 

家族経営メリット1.機動的なビジネス展開ができる

機動的なビジネス展開ができるのは家族経営のメリットの1つです。

コミュニケーションが密に行えますし、家族の時間でも仕事の話を展開できます。

仮に食事中に家族間でビジネスのアイディアが閃いた際には、すぐに共有ができるはずです。

このように家族経営はその他の経営方法よりもビジネス展開が早くなることが簡単にイメージできます。

 

家族経営メリット2.人件費を安く抑えやすい

家族経営では人件費を安く抑えやすいメリットもあります。

家族以外の方を雇うよりも人件費を安く抑えたところで「家族だから」と納得してくれる場合が多いです。

また家族の従業員は賃金が相場と比べて安いからといった理由で簡単に離職に繋がらない点もメリットです。

 

ただ、人件費を安く抑えられるからと家族経営を行っていると、適切な人件費の感覚が分からず、一般的な従業員の方がすぐに離職する要因にもなるので注意してください。

 

家族経営メリット3.計画から実行までがスムーズ

機動的な経営ができることは計画から実行までがスムーズになることも含まれます。

社長からの指示が家族間に浸透しやすく、エラーが起こっても冷静に対処できるはずです。

 

たとえば、人員配置に関して相談をせずとも、指示を出せば家族が動いてくれる可能性が高まります。

そのため、計画から実行までにエラーが少なく、事業計画が決まった瞬間から動き出せる機動力を持った経営が家族経営では可能です。

 

家族経営のデメリット

家族経営のデメリット家族経営のデメリットの一例を挙げると以下のとおりです。

  1. 忖度が働く可能性がある
  2. 対立が起きる可能性がある
  3. ビジネスが拡大できず頭打ちになる

 

家族経営は人件費を安く抑えながら機動力を持った経営が可能ですが、他の経営方法と比べるとプライベートでの感情がそのまま経営に響く恐れもあります。

プライベートと経営が一緒になりやすい点が最大のデメリットなので注意しましょう。

それぞれのデメリットを詳しく解説します。

 

家族経営デメリット1.忖度が働く可能性がある

家族経営では忖度が働きやすいといったデメリットがあります。

忖度とは、上司が言っている言葉の裏側を感じ取って行動に移すこと(保身に走ることも含む)を指しますが、家族経営でも同様のことが起こりやすいです。

 

たとえば、一般社員の方よりも一族の社員を先に評価するのも忖度に入ります。

「家族だから優先的に評価しよう」といった忖度は、大切な従業員の方が離職する要因になりかねないため注意してください。

 

家族経営のデメリット2.対立が起きる可能性がある

家族間での対立や派閥で不要な争いが経営に影響を出す恐れもデメリットです。

感情的な観点から仕事を手伝わなかったり、邪魔をしたりなどがあると経営の妨げになります。

 

家族経営は距離が近い分、方向性や考え方の違いから対立が起こる恐れもあります。

人間関係の悪い部分が経営に出てしまうと悪影響しかありません。

プライベートを共有する家族だからこそ、好き・嫌いが感情に出てしまう恐れがある点に注意しましょう。

 

家族経営のデメリット3.ビジネスが拡大できず頭打ちになる

家族経営ばかりに頼っているとビジネスが拡大できずに頭打ちになる可能性があることもデメリットです。

家族経営は会社を運営する上では機動力がありますが、家族ばかりに頼り過ぎていると、他の従業員が定着せず売上を拡大できない可能性が高まります。

たとえば、新規出店をするにしてもアルバイトの方や店長を雇う必要があるため、ビジネスを拡大する上では家族ばかりをあてにできません。

 

人件費の適正価格が分からず、人材を活用できない

家族経営では食費や住居費の負担が分散しているため人件費を安く抑えられますが、反対に人件費の適正価格が分かりづらくなります。

家族経営でビジネスが頭打ちになるのは、適正な賃金を支払えず人材を活用できない点も一例として挙げられます。

 

家族経営だからといって家族だけを従業員にするのではなく、ビジネスを拡大したいなら他の従業員の方も満足できる賃金を支払えるように売上・利益を確保してください。

 

上記、いくつかデメリットをお伝えしましたが、家族経営は非常に難しい事業形態です。

こちらの記事でも家族経営の行く末などを解説しているので参考にしてみてください。

 

家族経営のメリットを最大限に高めるポイント

家族経営のメリットを最大限に高めるポイント家族経営のメリットを最大限に高める方法・ポイントを紹介します。

  • 公私混同を避ける
  • 従業員は公平に扱い差別しない
  • 利益を確保し人材やマーケティングに力を注ぐ

それぞれ解説します。

 

公私混同を避ける

家族経営のデメリットでもある経営上の公私混同は避けましょう。

公私混同が起きれば経営上の不利益が多くなり、家族仲も更に悪くなります。

 

たとえば、先ほど紹介した家族を優先して評価することも公私混同の一部です。

その他にも一時的な喧嘩をビジネスに持ち込んでしまうなども経営上の妨げになるのでルール化をしておくと良いでしょう。

 

従業員は公平に扱い差別しない

家族だから優遇したり、作業を減らしたりするなど、特別扱いをしないようにしましょう。

家族経営においても家族以外の従業員の方は大切な人材であり、不公平な扱いをすると離職される原因になります。

 

たとえば、給与や賞与制度をルール通りに運用するなどの公平さを出すと不満を解消できます。

また不公平感は大切な人材の流出にも繋がるので、損を引き受けるのは家族が優先と考えておくこともおすすめできる考え方です。

 

利益を確保し人材やマーケティングに力を注ぐ

家族経営のメリットでもある機動的な経営は、速度は多少落ちるにしても家族以外の従業員と一緒に経営していても可能です。

家族以外の従業員が心地よく働くためには、賃金を支払うための十分な利益と利益を確保するためのマーケティングスキルが必要です。

 

たとえば、SNSの毎日投稿などの労働集約的な集客ではなく、Webマーケティングなどを駆使して自動的に集客できたほうが利益率は高まる傾向にあります。

自動化が進めば商談のための時間が確保できたり、他作業のための時間も確保できるはずです。

すると、自然に機動的な経営に発展できるので、家族経営を採用している会社の社長は自身でマーケティングスキルを高めておく必要があります。

 

家族経営でもWebマーケティングを駆使して売上・利益を確保する

家族経営でもWebマーケティングを駆使して売上・利益を確保する昨今のWebマーケティングスキルで必要なのは十分な知識だと考えてください。

というのも、Webマーケティングでは無料で集客できたり、新聞やテレビ広告よりもリーズナブルな価格で広告を日本中に配信できたりするからです。

一般的なWebマーケティングに必要な知識は以下のとおりです。

それぞれのWebマーケティングスキルを解説します。

 

Web広告

最短で売上アップを目指すのならWeb広告を活用することをおすすめします。

Web広告は、リスティング広告SNS広告全般を駆使するマーケティングスキルであり、少しの資金で多くのユーザーからメディア・媒体にアクセスを集められます。

また、広告感をなくしたい場合にはHPやブログを作っておいて、サジェスト広告を活用する方法も活用可能です。

 

私自身もWeb広告を活用することで売上アップをするお手伝いをしているので、気になる方はお気軽にご相談ください。

Web広告に関する問い合わせをしてみる

 

SNS集客

Web広告と同様に、早期に売上アップを図るなら、SNS集客も同時に展開しておくとよいでしょう。

SNS集客とはFacebookInstagramなどを活用して、情報発信をしながら問い合わせに繋げる方法です。

一部Web広告と領域が被ることもありますが、基本的に無料で対策可能です。

 

ただ、最初期のアカウントではターゲットとなる見込み客の属性と近いフォロワーを獲得していく必要があるので、時間が掛かります。

 

HP・ブログ集客

HP・ブログ集客もマーケティングスキルの1つです。

Google検索などの検索窓にキーワードを入れて検索すると、多くのHPやブログが表示されます。

その中でも1ページ目の1〜3位に表示されると、自然とユーザーがクリックすることになり、自動でメディア・媒体を見てくれます。

この状態を実現する方法としてSEO対策があり、スキル難易度は高いですが、身につけると広告費を一気に削減可能です。

 

ただ、少なくとも半年〜1年の対策期間が必要になるので、他のWebマーケティング施策と同時進行してください。

 

家族経営のメリット・デメリットまとめ

家族経営のメリット・デメリットまとめ今回の記事では家族経営のメリットとデメリットを解説しました。

家族経営はメリットが大きい反面、家族に頼り切りになってしまう恐れがあるといったデメリットもあります。

このような状況をなくすためには、利益をしっかりと確保し家族以外の従業員を雇って経営方針を切り替えることも検討してみてください。

 

その最短経路の1つにWebマーケティングスキルを身につけることも含まれるので、気になる方は以下のページで確認してみてください。
「すぐ集まる!アクセスupの教科書」非売品の集客動画5本付き

今回の記事が少しでも参考になったと思ったら、「いいね」で応援してもらえると嬉しいです!

5step

公式LINE

\非売品の集客動画5本付きで無料プレゼント!/

この記事が少しでも
参考になったら
フォローしよう!

最新情報を素早くお届けします!

Twitterでフォローしよう