家族経営の末路はどうなる?三代で潰れるって本当なの?

家族経営をしていて、三代で潰れるということを聞いたことがあるが、それほど家族経営は難しいのか、と感じたことがある方もいるはずです。

家族経営では親族だからこそのメリットデメリットもあり、何かしらの対策をしておかないと上手く経営していくことができない可能性もあります。

そこで当記事では、家族経営が迎えるよくある末路を紹介しながら対策も解説します。

 

この記事の読み方

 

すぐ集まる!

家族経営のよくある末路とは

家族経営のよくある末路とは家族経営のよくある末路は以下のようなことが考えられます。

  1. 三代目で会社が倒産する
  2. 債務超過に陥る
  3. 人手不足が起こり、家族に負担が掛かり過ぎる

それぞれ解説します。

 

家族経営の末路1.三代目で会社が倒産する

家族経営で良く伝えられるのは三代目で会社が倒産するといった格言です。

創業者が苦労して成長させた会社を、三代目ともなると、その苦労を知らずに社長に就任し会社を傾けてしまうことを意味します。

とはいえ、三代目で家族経営の会社が倒産するという格言以前に、次のようなことが起きると会社の経営状況は悪化するでしょう。

 

家族経営の末路2.債務超過に陥る

売上が断続的に伸びている状況でないと、いざ売上が急激に下がったときに運転資金が枯渇してしまうかもしれません。

運転資金が枯渇すると銀行からの借り入れなどで急場をしのぐことが多いですが、経営状態が改善しなければ債務超過に陥る恐れもあります。

借り入れは適正な金利で事業を発展させるのに活用するのなら良いですが、事業を存続させるだけの借金になってしまいかねません。

債務超過とは、事業者が保有している資産より負債の方が多い状態であるため、キャシュフローが悪化すれば経営悪化などに近づきます。

 

家族経営の末路3.人手不足が起こり、家族に負担が掛かり過ぎる

家族経営で適正な人件費を支払えないとなると、人材を雇えずに、家族に負担が掛かり過ぎて疲弊します。

家族を相場よりも安い金額で雇用して、人件費の低さで商品・サービスの価格を安くし差別化をしているかもしれません。

仮に安さだけで商品・サービスを販売していても、一向に経営状態が上向くことはないでしょう。

このような状態が続いていると家族が疲弊し、人手不足から経営が破綻する恐れもあります。

 

家族経営が辿る末路への対策

家族経営が辿る末路への対策家族経営を行っていて最悪の末路を辿ることに対する対策は以下のようなことが挙げられます。

  • どんぶり勘定での経理を止める
  • 人材に対する投資を行う
  • 営業からマーケティングへの変更をする

家族経営では家族だからと頼ってしまう場面も多くなりますが、本来は社内の仕組み化を進めていく必要があります。

人件費を抑えることで経営を行うのではなく、適切に投資をして経営を行うようにしてください。

 

どんぶり勘定での経理を止める

どんぶり勘定の経理を行っているようなら、まずストップするところからスタートしてください。

というのも、詳細が分からないような経理をしていると、抑えるべき費用項目も分からなくなるからです。

 

たとえば、毎月の売上と経費総額だけを見るのではなく、各経費科目ごとに確認していきましょう。

本来抑えられる費用がネックになってる可能性もあります。

このようにどんぶり勘定ではなく、どこにどれだけの資金を使ったのかは明確化してください。

 

人材に対する投資を行う

適切な経理ができるようになったら最大限人材に対する投資を行ってください。

正社員として雇うことだけでなく、外注先を探したり、アルバイトを探したりなど、人に対する投資は積極的に行う必要があります。

その際に注意すべき点は以下のとおりです。

  • 家族に頼りすぎない
  • 適正な賃金や休日を提供する

それぞれ解説します。

 

家族に頼りすぎない

人材に投資を行う際には、まず家族の負担を軽減するためにリソースを確保するといった観点からスタートしてください。

業種業態によってマニュアル化ができる業務があるはずなので、家族の負担を減らす観点から外注化やアルバイト化を進めましょう。

すると、最初は余計な工数が掛かるように見えても、徐々に家族の負担が消えていきます。

このように家族経営を行っていく上では、家族に頼りすぎないように人材を確保するところからスタートしてください。

 

適正な賃金や休日を提供する

適正な賃金や休日を社員やアルバイト・外注先に提供するのも人材確保の際の注意点です。

人手不足が叫ばれる中で、経営上力になってくれる方を採用するためには相場平均の賃金などを用意する必要があります。

 

たとえば、地域の最低賃金で求人をかけるのではなく、業界水準+ 100円上の時給を提示してみるなどの経営努力は大事です。

このように人を雇うためには裏の努力が必要な点も押さえてください。

 

営業からマーケティングへの変更をする

経営を効率化するためには営業からマーケティングに移行する必要があります。

営業で社長自ら時間を使い過ぎると、カスタマーサポートに力を入れられずにリピーター獲得ができないかもしれません。

 

仮に社長が飛び込み営業ばかりをしていたら、経営の自動化は進みません。

具体的に営業からマーケティングに移行するためには、Webマーケティングを学ぶほうが効率的です。

次の項目で経営の立て直しとともに詳しくお伝えします。

 

経営状況悪化の影響で倒産する前にできること

経営状況悪化の影響で倒産する前にできること家族経営に限らず経営状況悪化の影響で倒産する前にできることの一例は次のとおりです。

  • 財務の健全化をする
  • 経営戦略を立て直す
  • 資金の掛からないWeb施策を試してみる

それぞれ解説します。

 

財務の健全化をする

家族経営のどんぶり勘定の悪影響が出る前に財務を健全化するところからスタートしましょう。

特にキャッシュフローの悪化で経営状況が悪くなる状態は避けるべきです。

 

たとえば、経費がどれだけ掛かっているのか?無駄なものがないか?など必ず確認しましょう。

経営の基本は選択と集中にあるので、無駄な経費を削減し必要な場所に投下してください。

 

経営戦略を立て直す

経営戦略を立て直すのも経営状況悪化前にできることです。

経営戦略の根幹は経費を削減して、どれだけ売上UPを達成するかを決めていくことです。

 

たとえば、今まで使っていた交際費を削減し、新規事業や人材採用の予算を増加させ、目標値を決めましょう。

経営戦略の立て方は業種業態によって異なりますが、いつまでに何をするのかを決めることが大切です。

 

資金の掛からないWebマーケティングを試してみる

経営戦略の中には資金の掛からないWebマーケティングを試してみることも組み込んでください。

現状、家族経営で困難を抱えている場合こそ、少ない資金で高い成果を収めやすいWebマーケティング施策が効果的です。

 

一例を示すと以下のとおりです。

  • Web広告は即効性のある施策になる可能性が高い
  • Googleビジネスプロフィールなどの無料で対策できるものも多い
  • SNS運用やSEO対策は半年〜1年まで成果が出ないと考える

それぞれ解説します。

 

Web広告は即効性のある施策になる可能性が高い

最短で売上UPを達成しやすいのはWeb広告です。

Web広告とは、ある程度の資金を投下してユーザーにクリックを促し、問い合わせを獲得する手法を指しています。

具体的な方法は複数あり、一例を示すと以下のとおりです。

 

これらの手法を活用することで、問い合わせの発生確率を高めます。

もちろん効果が保証されている訳ではありませんが、正しい手順を踏むことで高い効果を期待できるでしょう。

実際に、当社のクライアントでも多くの業種の方が広告運用で成果を出されています。

 

Googleビジネスプロフィールなどの無料で対策できるものも多い

Webマーケティング施策の中にはGoogleビジネスプロフィールを活用したMEO対策のように無料で対策できる施策も多いです。

MEO対策とはGoogleマップの目立つ位置に自社の商品・サービスを表示させる技術です。

 

その他にもクラウドソーシングサイトに登録してみたり、成果報酬型のポータルサイトに登録してみたりなど無料で対策できる施策は多数あります。

Webマーケティングというと、広告のように初期費用が掛かる施策ばかりと考えがちですが、意外と無料で済む施策も多いと考えてください。

 

SNS運用やSEO対策は半年〜1年まで成果が出ないと考える

Webマーケティング施策の中に含まれるSNS運用SEO対策は無料で対策ができますが、「正しい運用」を施しても半年〜1年まで成果が出ないと考えてください。

というのも、これらの施策は半自動的に問い合わせを獲得できるWebマーケティング施策であり、大手企業が多額の資金を投下してでも広告費削減のために取り組んでいる施策だからです。

もちろん中小企業かつ少額の資本で対策しても、問い合わせを獲得できますが入念な準備をしてからでないと太刀打ちできません。

そのため、SNS運用やSEO対策は半年〜1年で成果を出すことを前提に予算組みを行いましょう。

 

家族経営の末路まとめ

家族経営の末路まとめ今回の記事では家族経営の末路と倒産になる前にできる対策を中心に解説しました。

家族経営が破綻する理由は多数ありますが、財務状況を改善し営業からマーケティングへ移行をすることで回避できる可能性が高いです。

マーケティング手法の中でもWebマーケティング施策は少額もしくは無料で対策できる施策が多く、困難を抱える経営状態の中でも次の一手を打つために有効です。

 

Webマーケティング施策の中で私が得意な施策は、短期間で売上をUPする広告運用です。

以下に概要をまとめているので気になる方は見てみてください。

「すぐ集まる!アクセスupの教科書」非売品の集客動画5本付き

今回の記事が少しでも参考になったと思ったら、「いいね」で応援してもらえると嬉しいです!

5step

公式LINE

\非売品の集客動画5本付きで無料プレゼント!/

この記事が少しでも
参考になったら
フォローしよう!

最新情報を素早くお届けします!

Twitterでフォローしよう