検索ボリュームを調べる無料ツール5選!有料ツールを使う必要なし!

オンラインビジネスをしていると、ブログ記事の作成時やWeb広告出稿時など、キーワードの検索ボリュームを調べることが多々あります。

そのときに、どういった方法で調べるのか、またどんなツールを使うのかが分からなければ調べることができません。

また、できる限り『無料ツール』を使いたいと思う人が多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、検索ボリュームを調べる無料ツールの紹介と特徴について説明していきます。

記事を読み終わった後には、検索ボリュームを調べるツールが分かるようになっているはずです!

たくやん
有料のツールもありますが、今回紹介する無料のツールだけでも成果を出すことができますよ!

 

スポンサーリンク

キーワードの検索ボリュームとは?

キーワードの検索ボリュームとは?

検索ボリュームとは『キーワードがどれだけ検索されたか』を表す言葉で、もっと簡単に説明すると『その言葉が何回検索されたか』ということです。

 

インターネットの検索エンジンを使って日々世界中の人が色々なことを検索します。

例えば、副業を考えている人が『副業 おすすめ』というキーワードで検索すると、これで『副業 おすすめ』の検索ボリュームは1ということです。

 

検索ボリュームが多いキーワードを簡単に確認する方法としては「サジェスト」を確認しましょう。

サジェストとは?

 

全く検索ボリュームの無いタイトルで記事を書いても、そもそも検索されませんし、リスティング広告を出しても集客することはできません。

ブログを書いている人やWeb広告を扱っている人にとっては当たり前のことですが、この検索ボリュームを知ることが、オンラインビジネスでは重要になってきます。

 

検索ボリュームを調べる無料ツール5選

検索ボリュームを調べる無料ツール5選

検索ボリュームを調べるツールは無料から有料まで沢山ありますが、今回は無料ツールに絞って説明していきます。

最初のうちは無料ツールでも十分です。

 

今回紹介するツールは5つ

  • Googleキーワードプランナー
  • Yahooキーワードアドバイスツール
  • Ubersuggest(ウーバーサジェスト)
  • aramakijake.jp(アラマキジャケ)
  • Keyword Surfer(キーワードサーファー)

各ツール特徴があり、状況によって使い分けることで効率よくビジネスを進めることができます。

 

経験を積んで知識を得た段階で、無料ツールでは物足りないと感じてから有料ツールを使っても遅くありません。

まずは無料で使えるツールをしっかり使い倒していきましょう。

 

それでは各ツールを説明していきます。

 

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーの使い方2

Googleキーワードプランナーとは、Google広告(旧Googleアドワーズ)に付随するキーワードのボリューム検索・キーワード選定を支援する無料ツールです。

 

キーワードプランナーを使うためには、まずGoogle広告のアカウントを作成する必要があります。

 

Googleキーワードプランナーは細かなデータや広告単価までも出してくれる非常に優秀な無料ツールです。

Googleキーワードプランナー公式サイト

 

 

Yahooキーワードアドバイスツール

Yahooキーワードアドバイスツール

YahooキーワードアドバイスツールはGoogleキーワードプランナーのYahoo版と考えて下さい。

YahooキーワードアドバイスツールもGoogleキーワードプランナー同様に、Yahooのビジネスアカウントを作成しなければ使うことができませんが、かなり細かなデータまで抽出することが可能です。

Yahoo!JAPANの使用ユーザーは年齢層が高い傾向にあるというデータも出ているので、商品やサービスによってGoogleとYahooで使い分けると良いでしょう。

 

Yahooキーワードアドバイスツール公式サイト

 

 

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest

ウーバーサジェストも検索ボリュームを確認するツールとしては非常に有名なツールで、1日3キーワードまで無料で使えます。

ある程度、書く記事の内容が決まっていればメインのビッグワードを検索するだけなので1日に3回も使えれば十分ですね。

 

参考に「アフィリエイト」という検索ボリュームがどれくらいなのか確認したのが下の画像です。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)使い方

「アフィリエイト」単体の検索ボリュームだけでなく、関連キーワード(複合キーワード)のボリュームも一緒に表示されます。

更にCPC(※)やSEO難易度も表示されるので記事を書く前に参考になるデータがたくさん表示されます。

無料でここまで高機能で使えるのは非常にありがたいです。

 

ウーバーサジェスト公式サイト

 

 

aramakijake.jp(アラマキジャケ)

aramakijake.jpとは?

aramakijake(アラマキジャケ)も検索ボリュームを確認するツールとしては有名です。

回数制限もなく何度でも使うことができるので、一度に複数のキーワードの検索ボリュームを確認したい場合に使えます。

 

また、特徴として下の画像のようにGoogleとYahoo両方の検索ボリュームが表示されます。

aramakijakeの検索結果

ウーバーサジェストのように関連キーワードやCPCなどは表示されませんが、キーワード単体でボリューム確認では十分使えるツールです。

 

また、個人的に色んなツールを使った感想として、ウーバーサジェストやGoogleキーワードプランナーはサイトや検索までに時間がかかります。(サイトが重い)

ですが、aramakijakeはサクサクとページが切り替わるの大量検索するときにはこちらを使うと良いでしょう。

使用用途によって使い分けることで、作業効率もアップするはずです。

aramakijake公式サイト

 

 

Keyword Surfer(キーワードサーファー)

Keyword Surferとは?

Keyword Surfer(キーワードサーファー)はGoogleChromeの拡張機能として使えるツールで、インストール後にGoogle検索するだけで検索ボリュームが確認できます。

Googleキーワードプランナーやアラマキジャケとは違い、Chromeの拡張機能なので詳細情報までは確認できませんが、推定月間検索ボリュームや関連キーワードを調べるには十分です。

 

下の画像のように、Google検索で「アフィリエイト」と検索すると、赤枠のように右側と記事タイトルの下に月間トラフィックや検索ボリュームが表示されます。

 

Keyword Surfer使ってみた

無料で使えて、日々の検索時に自動で検索ボリュームや関連キーワードを目にすることになるので、フッとしたときに良いキーワードが閃いたり見つけたりする可能性もあります。

検索ボリュームを意識している人は入れておくと良いでしょう。

Keyword Surfer公式サイト

 

スポンサーリンク

検索ボリュームを確認する際の注意点

検索ボリュームを確認する際の注意点

ここまでは検索ボリュームを確認する無料ツールを紹介してきましたが、ツールを使った際の注意点も覚えておいてください。

それは、全てにおいて「目安の数値」ということです。

 

過去のデータを基に推測された平均値や時期やトレンドに応じて検索ボリュームを表示してくれますが、全てにあくまで目安としての数値です。

未来の数値は誰でも分かりませんし、当てることは不可能です。

今月は100万回検索されていたとしても、翌月は1万回しか検索されないかもしれません。

 

目安の数値ということを理解して、定期的にツールを使ってチェックしていくことをおすすめします。

 

検索ボリュームを調べる無料ツールについて最後に

検索ボリュームを調べる無料ツールについて最後に

今回の記事では、オンラインビジネスで必要な「検索ボリューム確認ツール」について説明してきました。

 

どんなに良いツールでも、どんなに簡単なツールでも、使用用途に合わせて使い分けることで、より効果を発揮するのがツールです。

自分が何を目的にツールを使っているのかをしっかりと理解して、自分に合ったツールを使っていきましょう。

 

他にもたくさん無料ツールはありますし、有料ツールもありますが、今回紹介したツールを覚えておくだけで十分成果を出すことができます。

成果を出して、より詳しいデータや分析を行っていきたいと思った時に有料のツールを試してみてはいかがでしょうか。

たくやん
記事の感想を横のボタンからツイートしてもらえると嬉しいです!

 

また、検索ボリュームを使って効率的にブログを書いたり、Web広告を運用する方法、オンラインビジネスで稼ぐスキルを身に付けたい人は、無料コミュニティー「POEラボ」に参加して見てください。

あなたの知らないツールやノウハウが沢山学べます!

 

POE-labo-LINE

 

スポンサーリンク
新感覚!完全無料の学習プログラム!

参加者限定の4大特典!

完全自動で864リストを集め、完全自動で約75万円を売り上げた秘密を無料で公開!

  • 商品が売れ続ける10分間動画のシナリオ構築法!
  • 誰でもわかるオンライン教材の作り方 鉄板テンプレート
  • "ネット完結型自動販売システム"必須4大ツール
  • 【無尽蔵に公式LINEの友達を増やす方法


    ※この公式LINEはたくやん公式LINEとは別で、チャレンジプログラム専用の公式LINEです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう