PPCアフィリエイトで稼ぐための「メンテナンス方法」を画像付きで解説

PPCアフィリエイトで稼ぐには『メンテナンスが重要』『広告文が大切』などの内容を目にすることがありますが、実際に方法を公開しているブログはあまり無いように感じます。

そこで今回、私が実際に行っている方法を一部公開させていただきます。

 

ブログアフィリエイト(SEOアフィリエイト)とは違い、PPCアフィリエイトは広告費が必要になるので、利益率を計算して利益を確保しなければいけません。

 

では、「利益率はどの程度であれば正常なのか?」「利益率を確保するための方法はどういった方法なのか」を説明していきます。

スポンサーリンク

PPCアフィリエイトで利益率を上げるために必要なこと

利益率を上げるためには、大きく分けて5つあります。

これはどのジャンルにも当てはまることですが、今回は「美容・コスメ系」をご紹介させていただきます。

利益率を上げる5要素
  1. 売れる案件を見つける(10クリック以内で売れる案件を見つける)
  2. 対象外キーワードを設定する(その1)
  3. 広告文、検索キーワードを設定する
  4. LPから商品購入ページへの誘導率上げる
  5. 対象外キーワードを設定する(その2)

     

    最初はこの5つをしっかりと理解できれば利益率を確保出来ます。

    私自身、今でもPPCアフィリエイトでしっかり利益を出すことが出来ています。

    ※詳しくはこちらの無料講座内でご確認ください。

     

    売れる案件を見つける

    色々な方のブログを拝見させていただくと、売れるジャンルを公開している方は非常に多いのですが、実際に売れる案件を見つける方法を公開している人は非常に少ないです。

    今回は、私が実際にコンサルで教えている方法の1つで、コスメ系で売れる案件の見つけ方を公開させていただきます。

     

    使うサイトは『@COSME』を使っていきます。

     

    @COSMEは美容専門口コミサイトです。

    化粧に興味がある女性であれば一度は耳にしたことがある名前だと思いますが、単純に商品名を検索し、その商品の人気度や、口コミが確認できるサイトです。

    余談ですが、私の妻曰く、昔は@COSMEから商品の購入は出来なかったみたいなのですが、今現在は購入が出来るそうです。
    ※間違ってたらすみません。笑

     

    【使用方法】

    ・@COSMEを開きます。
    ・赤枠の検索場所に商品名を入力します。

     

    今回は【どろあわわ】という商品を検索しました。

    するとこの様に表示されます。

    画像の緑丸の中を確認しすると分かるのですが、

     

    『口コミ件数が多い商品 = 認知度(知名度)が高いく購入している人が多い商品』

    『評価が高い商品 = 人気(満足度)が高い商品』 ということです。

     

    出稿前に案件(商品)を検索することにより、その商品の認知度や人気度が分かるため無駄な出稿をしなくて良い。という訳です。

     

    無暗に多くの数を出稿して無駄な広告費を使ってしまうよりも、人気商品で認知度がある商品を出稿した方が売れる確率は高くなるので出稿の前に確認すると良いでしょう。

     

    こうした作業は、出稿までの手間が一つ増えるイメージですが、こういった作業をしておくだけで利益を確保できるのです。

     

    また、PPCアフィリエイトを始めたばかりの初心者や売り上げが上がらないと悩んでらっしゃる方は、『商標でリスティングOK』の案件を扱うようにしましょう。

    商標で検索してくるユーザーは元々の購入意識が高いため、成約になる確率が高まります。

     

    対象外キーワードを設定する(その1)

    私は基本的にGoogle広告でPPCアフィリエイトを行っているのですが、その際に、対象外キーワードを設定します

    対象外キーワードを設定しないと、無駄クリックが発生してしまい広告費が膨らんでしまうからです。

     

    では、どこで対象外キーワードを設定すればいいのでしょうか。

    Google広告の管理画面から、『キーワード』→『除外キーワード』の順でページを表示させます。

    その後、画像の赤丸の部分から対象外キーワードを追加していきます。

    入力欄という項目に、対象外キーワードを入力するのですが、どのようなキーワードを入力するかというと、

    対象外キーワードの内容
    ・ドンキ(ドンキホーテ)
    ・都道府県市町村
    ・ショッピングセンター名
    ・百貨店名
    ・店舗名
    ・企業情報
    ・類似商品名
    上記の様なキーワードを設定します。

    例えば、『どろあわわ』を、ネットで購入しようと考えている人が、「ドンキショッピングセンター名」で検索をして商品を購入するでしょうか?

    私はそうでは無いと思います。

    恐らく、ドンキやショッピングセンターでどろあわわを購入しようと考えて検索をしているのだと思われます。

    ですから、上記のようなキーワードを対象外に設定して無駄な広告費を抑えることが重要です。

     

    その際、対象外キーワードは必ず『フレーズ一致』で設定をして下さい。

    そうすれば、『検索キーワード+対象外キーワード』で検索されたときに広告として表示されなくなるため、無駄なクリックが減り利益率の向上につながるのです。

     

    広告文、検索キーワードを設定する

    自分のサイトを出稿する際に広告文検索キーワードを設定するのですが、そこにも注意するポイントがあります。


    ※どろあわわ公式サイトの広告文

     

    広告文とは検索した際に表示される上赤枠のタイトル下赤枠の商品(サイト)説明欄です。

    ここに表示する内容によって、自分の広告のクリック率が大きく変わってきます。

     

    人は知らないサイトではなく、公式サイトから商品を購入したい。という思いがあるので、『公式サイト』と表示されている広告文を目にすると無意識にクリックしてしまいます。

    実際に、私がネットで商品を購入する際にも同じことが言えます。

     

    そういった人の心理を考え、広告文を作成しなければいけません。
    ※現在、『公式』などの文言を入れると審査に落とされます。若しくは後日掲載停止になります。

     

    同時に、こんなお客様にはクリックされたくない。という場合には、そのような広告文を作成します。

    例えば、『初回限定のキャンペーン』を行っている商品は、今まで購入をしたことがない新規のお客様が対象のキャンペーンです。

    要は、リピートのお客様は対象外のキャンペーンということです。

    そういった商品はリピートのお客様がクリックしないような広告文を作成する必要があります。

     

    LPから商品購入ページへの誘導率を上げる

    PPCアフィリエイトで利益率を確保するには、この誘導率が最重要ポイントです。

    理由は、誘導さえ出来ればcookieが残りその後の発生報酬にも繋がるためです。

    cookieについてはコチラの記事をご確認ください。

     

    アフィリエイトで重要なのは、いかにしてお客様を商品購入ページに誘導するか?です。

    商品を販売するのがアフィリエイターの役割ではありません。

    商品の魅力を伝え、購入したときのメリットデメリットを理解してもらい、購入ページに誘導するのが目的です。

     

    SEOアフィリエイトであれば、お客様が商品購入ページに行かなくても赤字になることはありませんが、PPCアフィリエイトの場合は、お客様が自分のLPへ訪問した段階で広告費が発生しているため、どうにかして商品購入ページに移動してもらい、自分のページから移動したというcookieを残してもらう必要があります。

     

    その時に購入はされなくても、数日後に商品を購入してもらえるケースがあるからです。

     


    ※左がクリックされた日、右が購入された日です。

     

    では、どういったLPが商品購入ページに移動してもらえないのか?

    • 無駄なリンクが多く貼られているLP
    • そこだけで完結してしまうLP
    • いかにもアフィリエイトページと思わせるLP

    上記内容のLPは誘導率が低くなります。

     

    移動させたいページ(商品購入ページ)以外のリンクが貼られていることにより、お客様は商品購入ページ以外に移動してしまう可能性があり、本来誘導したいページへ誘導できず、誘導率が下がります。

     

    また、LP内で全ての情報(キャンペーン、お得情報、など)を把握できてしまう場合なども同じです。

    LPをしっかり作り込みすぎてしまうことにより、LPの内容を読んだお客様が満足して離脱してしまう可能性が高くなります。

     

    興味を引く内容を記載し、『詳細はこちら』などの項目で自然とリンク先へ誘導し、お客様へ違和を与えず誘導する必要があります。

    私も最初は、細かく長い文章で作成していましたが、あまりにも細かいLPを作成してしまうのも良くないということです。

    もちろん、最低限の文章は必要です。

     

    対象外キーワードを設定する(その2)

    広告がクリックされ始めると、クリックされた数の広告費用が必要になってきます。

    【対象外キーワードを設定する(その1)】で対象外キーワードを設定しましたが、その時に思い浮かばなかった対象外キーワードで広告がクリックされていることが多くあります。

    そういったキーワードを除外しない限り、また不要なキーワードで広告がクリックされて無駄な広告費が必要になってしまいます。

     

    方法は、

    ①Google広告管理画面のメニュー→『検索語句』をクリック

    ②不要キーワードを探す

    ③不要キーワードにチェックを入れ、対象がキーワードに追加する。

     

    この作業を細目に行うことにより、不要なクリックが減り、広告費がカットされていくということです。最初は利益率が少ない案件も、しっかりメンテナンス行うことにより高利益率の案件にすることも可能ということです。

    PPCアフィリエイトのメンテナンスについて最後に

    利益率は、

    • 80%以上 : スゴイ
    • 70%以上 : 普通
    • 60%以上 : 頑張りましょう
    • 59%以下 : 運用方法を見直しましょう

    今回公開した方法以外にも、細かなノウハウがあります。

    その結果、毎月利益を安定させられているので、運用方法は間違っていないと感じております。

     

    冒頭でも書きましたが、実際に利益を出されている方のブログでノウハウを公開している方は非常に少なく感じます。それは、ノウハウを広めるということはライバルを作るのと一緒なことだからです。

    ただ、読者は理屈よりもノウハウを知りたい!という方が多いのではないでしょうか。

     

    そんな方はこちらの無料講座でPPCアフィリエイトの考え方を学んでみてください。

     

    スポンサーリンク
    『ゼロからはじめる!PPCアフィリエイト』 無料オンライン講座

    PPCアフィリエイト

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう