プロも使う『サプライズ法』!ちょっとした言葉で相手の感情を動かす!

サプライズ法の使い方は超簡単だけれども、実はプロのライターさんもよく使っている方法です。

なぜプロのライターさんが使うほどにこのサプライズ法は効果的なのでしょうか?

それは人はサプライズに弱いからです。

 

例えば、100本の花をもらえると知らされてからもらうのではなく、突然サプライズで100本の花をもらった方が嬉しいですよね?

他にも、普段は興味がないものでも、このサプライズ法を使うことで興味を持たせ、視聴者や読者に注目してもらうことが可能になります。

これは【伝え方が9割(著者:佐々木圭一)】で書かれている技術の一つです!

スポンサーリンク

『サプライズ法』の代表例

「サプライズ法」でもっとも簡単なのが、強調したい言葉に「!」をつけることです。

例)
「がんばろう」→「がんばろう!」
「ありがとう」→「ありがとう!」
「元気です」→「元気です!」

このように「!」を付けるだけで、言葉を主張したいということが伝わり、相手に伝わる印象は力強くなります。

 

他にも、
私たちがよく目にする有名なキャッチコピーとして、

そうだ 京都、行こう」:JR東海
小林製菓」:小林製菓
お、値段以上、ニトリ」:ニトリ
俺は!海賊王になる!」:ルフィ
ちょ!待てよ!」:木村拓哉 など

実は色んなところでこのようなサプライズ法は使われています。

『サプライズ法』の簡単な作り方

サプライズ法を作るのは非常に簡単です。

①伝えたい言葉を決める
②適した感情を表すサプライズワードを入れる

伝えたい言葉に、感情を表す言葉を付けるだけです。

感情を表す言葉一例
「(語尾に)!」「あ、」「そうなんだ!」「おおっ、」「わっ、」「そうだ、」「ほんと?!」「え?!」「うわ、」「驚いた、」「信じられない、」「びっくり、」「げげげ!」
例)

おおっ!すごい!」
あ、それそれ!」
ビックリするほどいい天気だ!」
あー、、、失敗した!」
おお!勉強になった!」
驚いた…そんなことになるなんて…」

見ていただいて分かると思いますが、あなたも自然とこういった言葉を使っていたのではないでしょうか?

今後は自分が驚いたときに使用するのではなく、相手の感情を動かしたいときや、相手に言葉を力強く伝えたい時に使用してみましょう。
スポンサーリンク

サプライズ法のまとめ

サプライズ法は、
伝えたい言葉に対して"ちょっと"プラスするだけ相手の心に残る言葉が作れる手法です。

実は文章だけでなく、日常会話でも実は意外と使われていることも多く、『あー!』『おぉ~!』などは私もよく使ってしまうことがあります。

 

これから会話をするときや、文章を書くとき、少しだけ意識して文章を書いてみてください。

今まで書いていた文章が、グッと良くなります。

スポンサーリンク
新感覚!完全無料の学習プログラム!

参加者限定の4大特典!

完全自動で864リストを集め、完全自動で約75万円を売り上げた秘密を無料で公開!

  • 商品が売れ続ける10分間動画のシナリオ構築法!
  • 誰でもわかるオンライン教材の作り方 鉄板テンプレート
  • "ネット完結型自動販売システム"必須4大ツール
  • 【無尽蔵に公式LINEの友達を増やす方法


    ※この公式LINEはたくやん公式LINEとは別で、チャレンジプログラム専用の公式LINEです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう