Facebookページを作成してInstagramアカウントを連携する方法!

Web集客をしているときに、Facebookを活用して集客したり、Facebook&Instagram広告を出稿して集客してみたいと考えたことはありませんか?

実際に、Facebook広告は非常に精度の高いターゲティングで広告を表示してくれるので、非常に効率よく集客をすることができます。

 

そんなFacebook広告を出稿するに、まず初めにやらなければいけないことは「Facebookページ」の作成です。

また、広告を出稿するにはFacebookページは作るだけではなく、事前にInstagramアカウント連携の連携なども行っておく必要があります。

 

そこでは今回は、Facebookページの作り方と初期設定方法、Facebook広告を出稿するためのInstagramアカウント連携について説明していきます!

ちなみに、今回の記事は「Facebook広告の出稿方法 ステップ1」なので、最後まで確認したら、ステップ2に進んで下さいね!

Facebook広告を出稿するには必須になるので、サクッと設定しちゃいましょう!
スポンサーリンク

Facebookページとは?個人ページと何が違う?

Facebookページとは?個人ページと何が違う?

Facebookページとは、Facebookのビジネス用のページだと思っておいてください。

個人ページとFacebookページでは元々の意味合いも違い、できることもかなり違うので、まずは特徴とポイントを押さえておきましょう。

 

Facebook個人ページ(個人アカウント)の特徴は?

Facebookの個人ページ(個人アカウント)の特徴として、

  • 「個人:多数(個人・事業者などFacebook利用者)」がメイン
  • 商用利用が禁止されている
  • 「個人名」で登録する必要がある
  • 基本的に「アカウント」は1つまで
  • 友達の上限は5,000人まで
  • 友達の投稿で、公開設定が「友達」でも確認できるようになる
  • Facebookページに比べるとGoogleなどの「検索結果」に表示されにくい(SEO効果が弱い)

こんな感じですね!

名前の通りですが、基本的には「個人の交流」を目的としたアカウントです!

 

Facebookページの特徴は?

Facebookページの特徴として、

  • 「事業者:個人」がメイン
  • 個人名・企業名・商品名などで登録ができる
  • 複数のFacebookページを作成することができる
  • 友達の概念ではなく「いいね」を押してくれた人は「ファン」にカウントされて上限人数はない
  • 会社内などで、複数人でアカウントを管理することができる
  • Instagramアカウントと紐付けができる(この後に設定方法を解説)
  • Facebookページ上で1対1のやり取りが可能なので、会社やお店の問い合わせとして利用できる
  • Facebook広告を出稿するためには、Facebookページが必須
  • 個人ページに比べると、投稿した内容がGoogleなどの「検索結果」に表示されやすい(SEO効果が強い)

個人ページとは違い、事業者がビジネスとして使用することが目的になっているアカウントですね。

 

個人ページとFacebookページの違いは?

個人ページは「個人の知り合いと情報交換するSNS」で、Facebookページは「Facebook上にお店や会社のホームページ」のようなイメージです。

 

また、Facebook広告を出稿するときは、必ずFacebookページを作成する必要があるので、今後広告の運用を考えているのであれば、この機会に作ってしっかり運用しておくことをおすすめします。

理由として、実はFacebook広告アカウントは凍結(BAN)されやすいのですが、「ある程度Facebookページの運用履歴があるアカウントの場合は凍結されにくい」という話もあるからです。(※真相は分かりませんが…)

 

ただ、全く運用していないFacebookページよりも、運用しているFacebookページの方が閲覧したユーザーからも見た目は良いので、早く作って投稿数を増やしておくのは良いことですね。

Facebookページの作成方法と初期設定

Facebookページの作成方法と初期設定!

Facebookページのアカウント作成から初期設定まで詳しく解説していきます!

 

Facebookページのアカウントを開設

まずは個人のFacebookへログインします。

  • ①右上の「メニュー」をクリックします。
  • 「ページ」をクリックします。

Facebookページの作成方法

 

 

  • ページ名ビジネス名、ブランド名、組織名、またはページの内容が伝わりやすい名前。
  • カテゴリページが象徴するビジネス、組織、トピックのタイプを示すカテゴリ。(3つ選択可能)
    キーワードを入力すると関連カテゴリが表示されます。
  • 詳細ビジネスやサービスの内容、またはページの目的などについて入力します。(最大255文字)
  • 「Facebookページを作成」をクリックします。

Facebookページの作成方法2

ポイント
今後、広告を出稿するときには、③Facebookページの名前がユーザーに表示されるのでしっかり決めておきましょう。

 

Facebookページの情報を編集する

  • ⑦左のメニューバーから「ページ情報を編集」をクリックします。

Facebookページの作成方法3

 

 

  • 「ユーザーネーム」を入力します。
    ユーザーネームがあるとFacebookページの「カスタムURL」を作ることができます。
    私のFacebookページだと「https://www.facebook.com/rankup.yamaguchi/」赤文字の部分がユーザーネームになります。

Facebookページの作成方法4

 

 

  • 「電話番号」を入力します。
  • 「メールアドレス」を入力します。
  • 「ホームページやブログ」などのウェブサイトを入力します。

Facebookページの作成方法5

 

 

  • 「住所」を入力します。
  • 「市区町村」を入力します。
    予測変換で選択できる場合は利用してください。
  • 「郵便番号」を入力します。

Facebookページの作成方法6

 

  • 「サービス提供地域」を入力します。

Facebookページの作成方法7

 

 

  • 「営業時間」を入力します。
  • 一時的にサービスを変更:該当する項目にチェックを入れます。

Facebookページの作成方法8

 

 

  • その他:「プライバシーポリシー」「所有者情報」「商品」「その他情報」を入力していきます。
    後で変更することもできます。

Facebookページの作成方法9

 

ここまででページ情報の編集は完了です。

次はトップページを編集していきましょう。

 

トップページを整える(カバー写真・プロフィールアイコン・アクションボタン)

  • 「ヘッダー(カバー写真)」を設定します。
  • 「プロフィールアイコン」を設定します。
  • 「アクションボタン」を設定します。

Facebookページの作成方法10

ポイント①
Facebook広告を出稿する場合、プロフィールアイコンの画像で表示されることになるので、しっかり設定しておきましょう!
ポイント②
アクションボタンを「お問い合わせ」にしてランディングページなどのURLを入力すると目的のページへ誘導できます!

 

ここまででFacebookページの作成と初期設定は完了です。

では次に、Instagramアカウントを連携させていきましょう。

スポンサーリンク

FacebookページからInstagramアカウントを連携させる方法

FacebookページからInstagramアカウントを連携させる方法

FacebookページとInstagramアカウントを連携させるときには、事前にInstagramのビジネスアカウント(プロアカウント)に変更しておく必要があります。

Instagramがビジネスアカウント(プロアカウント)になっていない場合は、事前に変更してしまいましょう。

 

それではFacebookページとInstagramアカウントを連携させる方法を説明していきます。

 

  • まずはFacebookページへアクセスします。
  • 左側のメニューの「設定」を選択します。

FacebookページからInstagramアカウントを連携させる方法1

 

 

  • 左側のメニューの「Instagram」を選択します。

FacebookページからInstagramアカウントを連携させる方法2

 

 

  • 「アカウントをリンク」を選択します。

FacebookページからInstagramアカウントを連携させる方法3

 

 

  • 「受信箱でInstagramメッセージへのアクセスを許可する」にチェックを入れて、[次へ]をクリックします。

FacebookページからInstagramアカウントを連携させる方法4

※Instagramアカウントのユーザーネームパスワードの入力が求められるので、入力し[ログイン]を選択します。

※Instagramビジネスアカウント(プロアカウント)になっていない場合、個人アカウントをビジネスアカウントに切り替えるよう求められます。

 

これでFacebookページとInstagramアカウントの連携は完了です。

Facebook広告を出稿するときには連携が必要になるので、事前に設定をしておきましょう。

Facebookページ作成とInstagramアカウント連携について最後に

Facebookページ作成とInstagramアカウント連携について最後に

今回はFacebookページ作成から初期設定、Instagramアカウント連携について説明してきました。

 

Facebookページを作る目的の一つに「Facebook広告」の運用を考えている人もいるはずです。そんな時は、Facebookページをしっかり運用するようにしましょう。

見ていると、明らかにFacebook広告だけのために作ったFacebookページを見かけます。

 

記事の中でも説明しましたが、Facebook広告のアカウントは、Facebookページの運用状況にも影響すると言われています。

Facebook社に好かれるように、Facebookページでもユーザーにとって価値ある情報を発信していくことが広告運用でも有利になります!

 

ここまでの設定が完了した人は、Facebook広告の始め方ステップ2「Facebook広告のビジネスアカウントと広告アカウントを作成しよう」に進んで設定していきましょう!※近日公開

今回の記事が少しでも参考になったと思ったら、ぜひ「いいね」だけでもご協力いただけると嬉しいです!

ちなみにPOEラボでは、Facebook広告だけではなくWeb広告を使った集客の仕組化や、集客から売上げに繋げる仕組み作り無料で学べるので気軽に参加してみてくださいね。

公式LINE

スポンサーリンク
新感覚!完全無料の学習プログラム!

参加者限定の4大特典!

完全自動で864リストを集め、完全自動で約75万円を売り上げた秘密を無料で公開!

  • 商品が売れ続ける10分間動画のシナリオ構築法!
  • 誰でもわかるオンライン教材の作り方 鉄板テンプレート
  • "ネット完結型自動販売システム"必須4大ツール
  • 【無尽蔵に公式LINEの友達を増やす方法


    ※この公式LINEはたくやん公式LINEとは別で、チャレンジプログラム専用の公式LINEです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう