ノウハウコレクターの特徴とは?脱出して知識をお金に変える極意!

ネットビジネスをしていると、ノウハウコレクターという言葉をよく耳にすると思います。

そのノウハウコレクターとは、どんな人のことを言うのか?その特徴や思考、そしてノウハウコレクターにならないための方法、なってしまった時の脱出方法、更に、ノウハウをお金に変える極意を詳しく説明していきます。

たくやん
ノウハウコレクターって
あまり良いイメージの言葉ではないですよね…!
僕もしっかり勉強して気を付けないと!

ノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターとは、ノウハウ(知識)を集めている「だけ」という意味で使われることが多いです。

この「だけ」というのが問題なのですが、沢山の情報商材や色んな人に知識を教えてもらっても、結局は自ら行動せずに知識を付けたことで満足してしまう。

または、行動はするけれども結果が出るまで続けることができずに、次から次へと新しい物があれば目移りして手を出してしまう…

こんな状態のことです。

 

結局、こういった人というのは情報商材を販売する側からすると、良いお客様な訳で、悪い言い方をすると「カモ」にされてしまうことが多いです。

僕の基準だと、毎月1万円も稼げていないのに、3個以上の情報商材(約10万円)を購入したことがある人は、立派なノウハウコレクターです。

 

他にもたまに『その情報は稼げない!詐欺だ!』などと言う人が居るのですが、

もし仮に全く同じ情報で、全く同じツールを使っているのに、他には稼げている人が居て、その人だけ稼げていないのであれば、それは完全に『稼げない、詐欺だ』と言った人に原因があります。

情報やツールはビジネスを加速させるためのサポート素材であり、実行するのは自分自身です。ノウハウコレクターは、そのことを理解していない傾向にあります。

ノウハウコレクターの特徴と思考

ノウハウコレクターの特徴と思考

私が今まで出会ってきたノウハウコレクターの特徴と、そういった人はどんな思考をしているのかを解説していきます。

もし下記項目に当てはまるのであれば、すぐに修正してください。

ノウハウコレクターの特徴と思考
  • 完璧主義者
  • 飽き性
  • 無駄なメルマガや公式LINEに登録してる
  • 心配性

完璧主義は無駄

完璧主義者の特徴は、スタートさせる前から完璧を求めすぎるあまり、自分が納得する情報を手に入れるまで満足しません。

かといって、自分が納得する完璧な情報って中々見つからないんですよね。

見つからないからそもそも行動しない。

もし仮に、仕方なく作業をスタートさせたとしても、自分の作業に納得がいかずにまた新しい情報を求めて探しに行ってしまう…

作業が止まったままではもちろん結果が出る訳もなく、表面的な知識ばかりが増えてノウハウコレクターになっていくんです。

 

ビジネスで最初から完璧を目指すなんて、到底無理な話です。

僕も今でも失敗するプロモーションもあれば、上手くいく時もあります。やったことの結果なんて、最終的に終わってみないと分からないんですよね。

まずは行動してみる。それから改善をする。

僕は『完璧主義を捨てることが、ビジネスを加速させる要素の1つ』だと思っています。

 

失敗が成功の種になっているということを理解しましょう。

 

飽き性はビジネスの天敵

どんなビジネスでも結果が出るまでには時間がかかります。

例えばブログに関しても、記事が上位表示されるまでに少なくとも3ヵ月くらいはかかります。ブログの知識が無ければ6ヵ月・1年ということもあります。

その期間を、疲れていても眠たくても…コツコツと記事を書き続けないといけない訳です。

 

と言うよりも、ビジネスを成功させるためには当たり前のことなのですが、ノウハウコレクターになりやすい人は「上位表示される前」に飽きてしまうんですよね。

 

人は刺激がなくて同じことを続けていくのが苦手な生き物なので、理解できない訳ではないのですが、せめて3ヵ月~半年くらいは継続して実践しなければ、結果なんて出る訳がありません。

「石の上にも3年」という言葉がありますが、ネットビジネスを始めるときは3年と言わずとも、半年~1年は継続して続ける覚悟で最初から挑んで下さい。

 

 

それと、物事を継続できない人は『成功曲線』の考え方を理解すると良いでしょう。

成功曲線を理解しておかないと、

もうちょっと…後ちょっと… 頑張れば結果が出たのに… という状態になってしまいます。

まずは成功曲線を理解し、継続できる自分になりましょう。

無駄なメルマガや公式LINEに沢山登録している

以前、僕の個人クライアントの中に、こんな人が居ました。

クライアント
たくやんさんに出会う前までは、
誰だかわからない公式LINEとか
30件以上登録してました!笑

と…

僕はLINEやメールは直ぐにピッと確認してパッと返信したいタイプなので、極力不要なメルマガや公式LINEには登録しないのですが、中には多くの無駄なモノに登録している人がいます。

 

何となく登録してみたけど、全く読まないメルマガ…

これ誰だっけ?何の情報くれるんだっけ?と、名前も顔も情報も分からない公式LINE…

ノウハウコレクターの多くは、こういった現象に陥っています。

 

そして、たまたま開いたメールのURLから、「あ、これ面白そうじゃん!私にもできそう!」と、商材を購入してしまう…

あなたは大丈夫ですか?

 

ハッキリ言います。
もし今すでに、無駄な登録をしているのであれば、今すぐ「情報の断捨離」をして下さい。

 

無駄な情報は、質の良い情報をインプットするのに邪魔になるだけです。

 

心配性しすぎは逆に危ない

何かをスタートさせる時に、心配する気持ちが大きすぎて、他人の成功事例やノウハウ(やり方)が気になって、必死に調べているのですが、調べたところでそもそも人の成功事例は参考程度のモノなので答えなんて出ません。

 

で、答えが出ないから中々一歩を踏み出せずに行動に移せない…

行動に移せないから表面上の知識だけ増えていって、ノウハウコレクターになっていく。。。

 

未来の心配をしたところで、答えなんてわかる訳がないんです。自分の直感を信じて、勇気をもって一歩踏み出すことは大事なことですよ。

自分を信じて突き進みましょう!

ノウハウコレクターからの脱出方法

ノウハウコレクターから脱出する方法

ノウハウコレクターから脱出する根本的な方法は『自分の意識を変える』しかありません。

その意識を変える手段として、ノウハウコレクターの特徴と思考の項目で説明した内容、

  • 完璧主義を捨てる
  • 飽き性を直す
  • 無駄なメルマガ公式LINEはすべて解除する
  • 行動する前に心配しすぎない

この4つをしっかりと意識して実行していくことが重要です。

 

別の記事でも書いていますが、ビジネスは基本的に失敗の連続です。

失敗がなければ成長はありませんし、より良い物をお客様に提供することもできません。

特にネットビジネスのリスクなんて、実店舗のビジネスや製造業などのリアルビジネスに比べると全くリスクじゃないんです。

 

最初から100%を求める必要なんてなくて、課題に対して、まずは”即実践(行動)”してみることが大切です。あれこれ悩んで、行動しなければ絶対に成功はしません。

  1. 実践(行動・アウトプット)する
  2. 失敗する
  3. 学ぶ(知識習得・インプット)
  4. 改善する
  5. 成長する

失敗と成長は2つで1セットだと理解し『自分の意識を変えて』どんどん突き進んで下さい。

それがノウハウコレクターを脱出する方法であり、成功する方法です。

ノウハウコレクターを脱出するポイント
  • ピッパの法則で即実行する
  • 最初は『質』よりも『量』を徹底する
  • 無駄な情報の断捨離をする
  • 失敗と成功は1セットだと理解する
  • 完璧主義を捨てて、とにかく実践して失敗する

 

ノウハウをお金に変える極意

ノウハウをお金に変える極意

さて、ここまで説明した方法を実行してもらえれば、ノウハウコレクターを卒業して晴れてビジネスを軌道に乗せる準備が整いました。

次にやりたいのは『ノウハウをお金に変える』ということです。

ノウハウコレクターの強みは、字の如く『ノウハウを沢山持っている』ということです。

ノウハウコレクターを卒業した人は、そのノウハウをコンテンツとして販売していけばいいのです。いわゆる『コンテンツ販売』です。

元ノウハウコレクター
いやいや・・・
そんな簡単に言われても
どうやって販売するんですよ!?

たくやん
大丈夫です!
初心者でも簡単にコンテンツを販売する方法を
今から説明していきますね!
※注意事項※
大前提として、コンテンツのデータや素材をそのままコピーするのはダメです。
自信の経験談や独自のノウハウ、データをしっかり入れて、リライトして販売してくださいね。

 

他社の媒体で販売する

媒体の一覧として

  • ココナラ
  • note
  • Brain
  • Udemy など

この辺りが一般的に使われる情報商材を販売する媒体です。

各媒体の詳細については割愛しますが、各媒体ごとに特徴があるので、販売するコンテンツがどの媒体で良く扱われているのかを確認して販売してみると良いでしょう。

メリットとしては登録も無料でお手軽に始められることです。

 

ただし・・・他社媒体のデメリットもあります。

それは、

  • 決済手数料が高い
  • アカウントが停止した時どうしようもなくなる

    この2点は大きなデメリットです。

    まず決済手数料は約20%ほどは徴収されると思っておいてください。

     

    仮に10,000円の売上げが出たら、2,000円+振込手数料(500~800円)で7,000円ちょっとしか口座に振り込まれないというイメージです。

    10万100万と売上げた時のことを考えると、ゾッとしますね…

     

    それに、他社媒体を使うということは、販売が停止された際のリスクも知っておかなければいけません。

    各媒体ごとに利用規約やガイドラインがありますが、知らないうちに規約に違反していてアカウントが凍結(停止)してしまった。という話は珍しい話ではありません。

    販売する前に、しっかり利用規約やガイドラインに目を通して販売を行ってください。

     

    独自媒体で販売する

    他社媒体で販売するデメリットが大きいと感じた人は、独自媒体で販売することをオススメします。

    独自媒体とは、自分のワードプレス上や決済システムを使って、コンテンツを販売していくということです。

    独自媒体を使うメリットとしては、

    • 決済手数料が安い(約3.7%)
    • 利用規約やガイドラインでアカウントが凍結される心配が少ない
    • 1つの商品だけでなく別の商品も案内できる
    • 濃い見込み客(ファン)になってくれる可能性がある

      こういった点が挙げられます。

       

      独自媒体を使うことで、他社媒体でのデメリットは解消されますし、コンテンツを複数作った時には、顧客に対して直接的なセールス(DRM)を行うこともできます。

       

      また、見込み客リストとして顧客情報を把握することで、継続的な情報提供ができて濃い見込み客(ファン)になってくれる可能性もあります。

      逆にデメリットとしては
      • 仕組みを構築するITスキルが必要
      • システム構築には多少の費用が必要

      こういった点がデメリットとして挙げられます。

      仕組みを構築する上で、Wordpress(ワードプレス)や決済システムと連携するための最低限のITスキルは必要になってきます。

      同時に、システムを構築するにはWordpress(ワードプレス)のサーバー代やドメイン費用も必要となってくるので、完全に無料で作ることは難しいです。

      ※決済システムは無料で登録できます。

      ただ費用の面に関しては、他社媒体の決済手数料のことを考えれば十分にプラスにすることは可能です。

      まとめとネット完結型のシステムを作る方法

      いかがでしたでしょうか。
      今回の記事では、

      1. ノウハウコレクターとは?
      2. ノウハウコレクターの特徴と思考
      3. ノウハウコレクターからの脱出方法
      4. ノウハウをお金に変える極意

      について説明をしてきました。

      もし仮に、あなたもノウハウコレクターの特徴や思考に当てはまる項目があるのであれば、今すぐにでも改善して脱出する方法を試してください。

      その先には、ノウハウをお金に変えることができる明るい未来が待ってるのですから。

      たくやん

      最後まで読んでいただいてありがとうございます!オンライン上での決済システムや仕組みの作り方
      気を付けなきゃいけないポイントなどを無料で学べる5日間チャレンジ集中プログラムを公開しています!もし興味があれば参加してみてくださいね!PS,無料でノウハウを提供させていただくので、作りたい人以外は参加しないでくださいね!
      新感覚!完全無料の学習プログラム!

      参加者限定の4大特典!

      完全自動で864リストを集め、完全自動で約75万円を売り上げた秘密を無料で公開!

      • 商品が売れ続ける10分間動画のシナリオ構築法!
      • 誰でもわかるオンライン教材の作り方 鉄板テンプレート
      • "ネット完結型自動販売システム"必須4大ツール
      • 【無尽蔵に公式LINEの友達を増やす方法


        ※この公式LINEはたくやん公式LINEとは別で、チャレンジプログラム専用の公式LINEです。

        この記事が気に入ったら
        フォローしよう

        最新情報をお届けします

        Twitterでフォローしよう