新感覚の5Days 無料チャレンジプログラム!
ネット完結型 自動販売システム 無料チャレンジ

完全自動で1ヵ月864リストを集め、
完全自動で1ヵ月約75万円を売り上げた
秘密を無料で公開!

 

姓(漢字)

(@icloudは届きにくいので使用しないでください)

 

成功曲線を理解すれば副業やビジネスは成功する!不安に打ち勝つ方法

今から副業やビジネスをスタートする人や、スタートして間もない初心者には、今回の『成功曲線』に関しては、特に学んでもらいたいおすすめの内容です。

 

いきなりですが、

たくやん
私は凡人ですが、
あなたは天才ですか?

 

 

急に何の話?と思われたかもしれませんが、天才でもない限り、何かを学習したり学んだことが即結果として現れることはありません。

私の経験上、95%以上のことが最初は上手くいきません。

 

「そんなのあたり前じゃん」と思われたかもしれませんが、多くの人は結果が出る前に、数日、数ヵ月しか努力していないにも関わらず、"自分には無理だ"と諦めてしまいます。

その原因は、結果を出すまでに辿る道を理解していないからなのです。

 

そこで今回は、人がどのように成長し結果を出して行くのか、そのために理解しておくべき「成功曲線」について説明していきます。

成功曲線を知ることで、今まで上手くいかなかったことが上手くいくようになったり、途中で諦めてしまっていたことを続けていけるようになります。

その結果、ほとんどのネットビジネスや副業で成果を出すことが出来るようになるでしょう。

スポンサーリンク

人が成長する『成功曲線』とは?

成功曲線とは?POEラボ

成功曲線とは、人が成長するまでの流れをグラフで表したものです。

上記グラフの、青線が人の成功イメージ赤線が現実の成長過程です。

 

努力をしている時間の最初の段階では、努力(時間)の量に対して結果がほとんどなかったり、少ししか反応がありません。

最初は、ゆっくり低空飛行を続けますが、ある一定のタイミングに差し掛かったところで、少しずつ結果が出始めて、グラフの赤線のように急激に上昇していく瞬間が現れます。

このタイミングが、実際に成長を実感できる(結果が出始める)ポイントです。

 

しかし冒頭でもお伝えしたように、多くの人はこの『成長が実感できるポイント』まで継続することが出来ずに途中で諦めてしまいます。

ではなぜ諦めてしまうのでしょうか?

その原因について理解していきましょう。

 

ちなみに、成功曲線の前に一歩踏み出す勇気や先に進む勇気がないと感じる人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

成功曲線を描く前に諦めてしまう理由

成功曲線を描く前に諦めてしまう理由 POEラボ

諦めてしまう原因は人それぞれで精神的な部分や環境によっても左右されますが、成功曲線においての諦めてしまう原因について説明していきます。

 

理想と現実のギャップや不安

成功曲線のギャップと不安 POEラボ

諦めてしまう原因の1つに、『理想と現実のギャップ』『結果が出ない不安』と言う感情があります。上の図で言う青丸の部分です。

  • これだけ努力しているのに結果が出ない…
  • どれだけやったら結果が出るんだ…?
  • 本当にこのまま継続していいのか…?
  • 今やってることは間違いじゃないのか…?

このように、結果が出ないことからくる『不安や焦り』から諦めてしまう人が多く、

その結果、もう少し!もうちょっと…!頑張って努力すれば大きな成果を出せたことでも、成果を出せずに終わってしまうことが多いのです。

今この瞬間から、『成功曲線』を理解し、結果は後から付いてくるものだと言うことを理解しておいてください。

 

日頃の生活で刷り込まれた固定観念

私たちは、日常生活や今まで生きてきた経験を元に価値観や考え方が作り上げられています。

例えば、お金を稼ぐことに関して言うと、小学校、高校、大学と成長する中で『お金を稼ぐ=労働する』という固定観念が出来上がっています。

学校の先生は『権利収入』や『自動で稼ぐ』ことに関して教えてくれる人はいないのではないでしょうか?

教育という視点では教えないことが正解なのかもしれませんが、インターネットが発達した今の時代、選択肢として体を使った労働以外にも仕組化をして自動で収入を得る方法は存在します。

 

もう少し具体的に言うと、『時間の切り売り』が当たり前になっているということです。

1時間働けば1,000円もらえるアルバイト。1ヵ月働けば30万円もらえる会社員。

人はこの考えが沁みついてしまっているので、努力をしても思った以上の成果が表れないと、違和感を感じてしまいます。その結果、諦めたり挫折してしまうことが多いのです。

 

ちなみにこちらの記事でも説明していますが、ビジネスや副業などは『時間の切り売り』をしないジャンルを選択するようにしましょう。

 

失敗を恐れて諦めてしまう

先ほども説明したように、多くの人は結果を出す前に足を止めて諦めてしまいます。

その原因は『不安や焦り』などからくる現実とのギャップという説明をしましたが、もう一つ大きな要因があります。

それは『人は失敗を恐れる』という部分です。

 

失敗を回避しようとする行動は、人間の本能的な部分なので間違ったことではないのですが、

そこから逃げ続けてしまうと成長が遅れてしまい、逆に失敗してしまうということが多くあります。

 

副業やネットビジネスはではもちろんですが、スポーツ、習い事、ビジネス、趣味、人生、全てにおいて失敗は必ずあります。

失敗を味方にして、自分を成長させる糧としてください。

それが最短最速で成功させる秘訣だと考えています。

 

『成功曲線』を意識し不安に打ち勝つ方法

『成功曲線』を意識し不安に打ち勝つ方法 POEラボ

今説明したように、結果を出す前に諦めてしまう理由の多くは『人の本能的な部分や生きてきた環境』が非常に強く関係しています。

私も上手くいかないことが続くと不安になるし、同時に諦めたくもなります。

これはマズローの5段階層説でも説明されている通り、人間の本能である「安全欲求」からくるものであり、何もおかしいことではありません。

 

そして、その不安に打ち勝つ方法として『メンターを付ける』という方法があります。

私自身、会社からの実質的なリストラ宣告後にネットビジネスを始めて、すぐに120万円の詐欺で絶望していたのですが、

そこから立ち上がった時も、その道のプロにメンターとなっていただき、道を示してもらい背中を押してもらいました。

 

一人では今進んでいる道が正しいのかさえ分かりませんが、すでに結果を出しているメンターに軌道修正してもらいながら引っ張ってもらうことでここまで来ることが出来ました。

 

人は一人では生きていけません。

仕事でもプライベートでも誰かと一緒に歩むことで自分の能力以上の力を発揮し、前に進むことが出来ると思っています。

もし今あなたが、道を示してくれるメンターや背中を押してくれる仲間がいないと感じるなら、まずはPOEラボで私と一緒に一歩を踏み出してみましょう。

苗字(漢字)

成功像をフルカラーでイメージする

成功像をフルカラーでイメージする 想像は現実化する?POEラボ

ただ人はどうしても、不安や心配事を想像してしまいます。

見えない未来を想像しても無意味だとは分かっていても想像してしまうのです。

 

そこで、その不安や心配事を少しでもかき消すと言う意味で、自分が成功した未来や理想のライフスタイルを手に入れた成功像をフルカラーでイメージしてみてください。

何のこっちゃ…

と思われるかもしれませんが、かなり効果的なので、騙されたと思って実践してみてください。

 

ちなみに実践するときには『夢リスト』を作ってからやると更に効果的です。

この夢リストを作ったことで、実際に成功を積み上げている人を沢山見てきました。

潜在意識を刺激するこの方法は、脳科学的にも実証されているので、ぜひ実践してみてください。

 

継続は力なりの2つの意味と成功曲線のまとめ

継続は力なりと成功曲線 POEラボ

いかがでしたでしょうか。

今回は、成功曲線とはどういったものなのか?成功曲線を描く前に諦めてしまう理由、不安に打ち勝つ方法、について説明してきました。

 

有名な言葉で『継続は力なり』という言葉がありますが、成功曲線を描くという意味ではこの言葉がピッタリですね。

余談ですが、この言葉には2つの意味があります。

  1. 継続することで物事が成功する
  2. 継続する能力こそが、自分の本当の力となる

 

物事を成功させることは大事なことですが、個人的に私は、②の『継続する能力こそが、自分の本当の力となる』を身に付けた方が良いと考えています。

一つのことを成功させるだけではなく、今後生きやすく、努力できる自分になるために。

スポンサーリンク
新感覚!完全無料の学習プログラム!

参加者限定の4大特典!

完全自動で864リストを集め、完全自動で約75万円を売り上げた秘密を無料で公開!

  • 商品が売れ続ける10分間動画のシナリオ構築法!
  • 誰でもわかるオンライン教材の作り方 鉄板テンプレート
  • "ネット完結型自動販売システム"必須4大ツール
  • 【無尽蔵に公式LINEの友達を増やす方法


    ※この公式LINEはたくやん公式LINEとは別で、チャレンジプログラム専用の公式LINEです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう