バイラルマーケティングとは?戦略的に集客を加速させる方法!

バイラルマーケティングという言葉を聞いたことがありますか?

オンラインビジネスにおいて、バイラルマーケティングを取り入れることで、低コストで爆発的な集客を可能にすることができます。

 

最初から広告費(Web広告)をかけて集客ができるのであれば、比較的スムーズに集客を行うことができますが、特にビジネスを始めたばかりの人は、最初はできるだけコストを抑えて集客したいと考えるのではないでしょうか。

そんな人は、バイラルマーケティングを理解し活用することで、少ない費用で集客や商品を告知することができるようになります。

 

そこで今回の記事では、個人でも簡単にオンラインビジネスに取り入れられるバイラルマーケティング手法を紹介していきます。

今回の記事を読み終わった後には、バイラルマーケティングを取り入れるヒントが手に入るはずです。

僕もバイラルマーケティングを取り入れてから集客スピードが格段にアップしました!
スポンサーリンク

バイラルマーケティングとは?

バイラルマーケティングとは?

バイラルマーケティングとは簡単に言うと『口コミを自然と発生させることを促すマーケティング手法』です。

商品やサービスを広めたい時に、1人で商品を広めるよりも、知り合いや仲間、サービスを利用してもらった人に、更に友達や友人に紹介してもらうことで、自分が広めることができなかった人へ商品を広めてもらうことができますよね。

 

特に、近年はSNSの普及で誰でも簡単に多くの人と繋がることができるようになりました。

そんなSNSを活用することで、バイラルマーケティングをより効率的に実践することができます。

 

下記、ウィキペディアから抜粋です。

バイラル・マーケティング(英: Viral marketing)とは、口コミを利用し、低コストで顧客の獲得を図るマーケティング手法である。情報の広まり方がウイルスの感染に似ることから、「ウイルス性の」という意味の「バイラル」の名を冠している

 

口コミのマーケティング手法として、『ステルスマーケティング』や『バズマーケティング』、『インフルエンサーマーケティング』などがあるので、少しだけ違いを解説しておきます。

 

ステルスマーケティングとの違い

ステルスマーケティング(ステマ)は、自分の商品をユーザーに宣伝と悟られないように、広告(良い口コミ)を行うことを指します。

イメージ的に『サクラ(おとり)』に似た感覚です。

お客様を騙すようなイメージを持たれる人もいるので、非難されることもあり、バイラルマーケティングの本質的な口コミを起こすマーケティングとは違います。

 

バズマーケティングとの違い

バズマーケティングは、意図的(戦略的)に口コミを発生させてバズらせること』を目的にしています。

良い悪いの話は別として、『炎上手法』もバズマーケティングの一つです。

最近では、YouTuberが視聴者数や閲覧数目的に、常識の範囲を超えた行動を取って、その動画をアップして自分の動画をあえて炎上させたりするのもこの手法の一つです。

 

バズマーケティングは「意図的(戦略的)に口コミを発生させてバズらせること」を目的としているのに対して、バイラルマーケティングは、『口コミを自然と発生させることを促すこと』に重きを置いているという違いが存在します。

 

インフルエンサーマーケティングとの違い

インフルエンサーマーケティングは、言葉の通りで、YouTubeやInstagramなどのSNS上で大きな影響力を持つインフルエンサーなどを起用して、商品やサービスを紹介してもらって口コミを発生させていくマーケティング手法です。

インフルエンサーマーケティングは、ターゲットとなる顧客層のファンが多いインフルエンサーに直接依頼することができるので、即効性があるのが強みです。

逆にバイラルマーケティングは口コミを自然と発生させるのを促すので、口コミが広まるのに少し時間がかかる傾向があります。

バイラルマーケティングのメリット・デメリット

バイラルマーケティングのメリット・デメリット

バイラルマーケティングにもメリットデメリットがあります。

メリットデメリットを理解しておくことで、活用するときにも役に立つので押さえておきましょう。

 

バイラルマーケティングのメリット

メリットは冒頭でも軽く触れましたが、低コストで爆発的に集客を可能にすることができます。

口コミが口コミを呼び、さらに口コミを呼べば凄い勢いで広まっていきます。

仮に1人が2人に紹介する流れが継続すれば27階層目では1.3億人超えで日本の人口を超えてしまいます。笑

そんなに上手くいくことはまずありえませんが、それほど、口コミによる拡散力は強いということです。

 

また、口コミはユーザーへ与える信頼性も高くなります。

あなたも知らない人の紹介よりも、知ってる人からの紹介の方が、信頼度は上がりますよね?

『知り合いの○○さんからの紹介』ということであれば、全く知らない人から紹介されるよりもしっかり話を聞いてもらえるので、信頼を獲得しやすくなります。

 

バイラルマーケティングのデメリット

デメリットはやはり、口コミを発生(初動)させることが難しいということです。

もちろん、意図的(戦略的)に口コミを発生させる仕掛けを行うのですが、狙ったものが全て拡散される訳ではありません。

 

また、口コミというのはコントロールすることができません。

仮にインセンティブを用いたバイラルマーケティングを施策したとして、予想以上の口コミによる拡散で、想定していた以上にコストが膨らんでしまう可能性もあります。

 

スポンサーリンク

バイラルマーケティングの活用方法

バイラルマーケティングの活用方法

今回の記事では、バイラルマーケティングの基本的な活用方法について説明していきます。

より具体的に詳しく学びたい人は、無料オンラインサロン『POEラボ』で最新のバイラルマーケティングを学んでください!

 

SNSを活用した口コミ

SNSは全般的に『口コミ』を呼びやすい媒体ですが、その中でも個人的にはTwitterが口コミを起こしやすいと感じています。

理由は、他のSNSとは違い瞬間的な拡散力があるからです。

また、Twitterは意図してバズツイートを作り出すことも可能だからです。

 

シェアボタンを活用した口コミ

シェアボタン

ホームページやブログで、上の画像のようなボタンを見たことがあると思います。

このボタンを押すことで、記事を各媒体にシェアすることができます。

 

このブログにも設置してありますが、ボタンが設置してなければ押してもらえる可能性はゼロですが、設置してあれば押してもらえる可能性は少なからずあります。

ビジネスは全てにおいて確立を上げていく作業です。

拡散される可能性を排除するのはもったいないので、設置していない人は設置しましょう。

 

プレゼントを活用した口コミ

プレゼントリツイート

これはSNS上でよくある方法ですが、『シェアしてくれたら○○プレゼント』といった方法です。

SNSは沢山ありますが、拡散に関してはやはりTwitterが強い気がします。

プレゼントと言われると何か『物や現金』と想像される人もいると思いますが、そういったプレゼントではなくても大丈夫です。

 

ターゲットとなる見込み客が『む!おもしろそう』『どういうことだろう?』『これほしいな』と思う、オンラインコンテンツでも問題ありません。

オンラインコンテンツの作り方はこちらの記事で紹介しているので参考にして下さい。

 

アフィリエイトセンターを活用した口コミ

アフィリエイトセンター管理機能 Myasp

バイラルマーケティングと少し違いますが、人による紹介と言えば、アフィリエイトセンターを運営する方法があります。

自分でアフィリエイトセンターを運営し、アフィリエイターに商品を紹介してもらうということです。

アフィリエイトセンターとは?
アフィリエイトセンターは、商品を紹介してもらいたい広告主と、その商品を紹介したい人(アフィリエイター)を繋げる仲介業者のことです。

これだけ読むと難しいイメージを持つかもしれませんが、アフィリエイトセンターは自分の商品さえ持っていれば簡単に運営することができます。

 

運営方法は私も使っているMyASPのアフィリエイトセンター機能を使います。

正直、インターネットビジネスで一番効率よく、最速で顧客リストを集めたい場合は、この方法を取り入れるのが一番良いでしょう。

アフィリエイトセンターに興味がある人は、効果的な使い方や実際の成功事例はこちらから確認してみてください。

 

ちなみに、私が運営する「Rankupアフィリエイトセンター」では、無料オファー(メールアドレス登録)だけで報酬が貰えるアフィリエイトも用意されているので、お気軽に登録してくださいね。

バイラルマーケティング×リストマーケティング

バイラルマーケティング×リストマーケティング

商品を購入したお客様の顧客満足度が高ければ自然と口コミは発生します。

では、どのようにして顧客満足度を向上させればいいかと言うと「お客様へ直接アプローチ(連絡)できる手段を作っておくこと」です。

 

例えば、メールアドレスやLINEの連絡先を聞いておき、こちら側から連絡できる状況を作っておきます。

そうすることで、商品を購入してもらったお客様に対して、お客様の声をいただいたり、商品の説明をするなどのサポートをすることができるようになります。

すると、ザイオンス効果(単純接触効果)の影響もあり、自然と顧客満足度もアップしていきます。

 

また、単純にお客様サポートだけではなく、こちらからプッシュしてアプローチすることも可能です。

  • レビューで○○をプレゼント
  • SNSシェアで次回〇%割引クーポン
  • お友達紹介で新商品プレゼント! など

こういった施策を実現するためには、先ほど説明したメールアドレスやLINE情報などのリスト(顧客情報)を取得しておく必要があります。

このようなリストを利用したマーケティング手法を「リストマーケティング」と言います。

今回の記事では詳しく説明はしませんが、リストマーケティングは江戸時代から続く王道のマーケティング手法になっているので、是非学んでみてください。

 

バイラルマーケティングについて最後に

バイラルマーケティングについて最後に

今回はバイラルマーケティングについて説明してきました。

バイラルマーケティングは、ユーザーにとって有益な情報を発信し、自然と口コミが発生するような仕掛けを行うことが重要です。

低コストで活用できる反面、コントロールが難しいので使い方に意図しない方向へ口コミが広まってしまう可能性もあります。

ターゲットとなるユーザーのことをしっかり考え、理解し、常識の範囲内でコンテンツを発信することが大事です。

 

今回の記事が少しでも参考になった人は@メンションを付けてツイートしていただければ、フォロワー8,000人超えのアカウントで全力リツイートさせていただきます!

 

ちなみに、私が運営する無料オンラインサロン『POEラボ』では、今すぐできるバイラルマーケティングの仕掛けやSNSを活用する方法も無料で公開しています。

Webマーケティングやネットで稼ぐ力を身に付けたい人は、ぜひ登録しておいてくださいね。

 

POE-labo-LINE

スポンサーリンク
新感覚!完全無料の学習プログラム!

参加者限定の4大特典!

完全自動で864リストを集め、完全自動で約75万円を売り上げた秘密を無料で公開!

  • 商品が売れ続ける10分間動画のシナリオ構築法!
  • 誰でもわかるオンライン教材の作り方 鉄板テンプレート
  • "ネット完結型自動販売システム"必須4大ツール
  • 【無尽蔵に公式LINEの友達を増やす方法


    ※この公式LINEはたくやん公式LINEとは別で、チャレンジプログラム専用の公式LINEです。

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう