田舎や地方のネット集客方法!店舗でWeb集客を成功させる7つのポイント

地方や田舎で飲食店やサロンなどの店舗を運営されている方で、最近特に多い声としては「集客に関する悩み」です。

新規、リピートの両方に課題を抱えていたり、集客にあてる時間や費用が多すぎて疲弊してしまっている方も少なくなりません。

 

そこで今回の記事では、私のクライアントの成功事例も紹介しつつ、店舗での集客に関する考え方や、集客を加速させる方法を「田舎に住んでいる私自身の経験も踏まえて」ご紹介していきます。

 

特に、オンラインを使って集客の時間を減らして、売上を上げるための仕組みを作り、サービスや商品をお客様に提供する本業に集中したいと考えている方はチェックしておいてくださいね。

Web集客は「正しい方法」で取り組めば、すぐにでもお客様を集めることができますよ!

すぐ集まる!

地方や田舎の経営者こそ、Web集客を取り入れよう!

地方や田舎の経営者こそ、Web集客を取り入れよう!

地方や田舎の特徴は「都会や街中に比べて人口が少なく、出回っている情報も少ないので、競合他社も専門的な集客ノウハウを所有していない」という点です。

ということは、自分でしっかりと集客に関するマーケティングを学んで業務に取り組めば、かなり楽に効率よく成果に結び付けることができます。

 

実際に私のクライアントの一例で、地方のラーメン屋さんの場合、Web知識が全くない状態でWeb集客の知識を学んでもらい実践してもらった結果、リピート率300%アップ、新規顧客130%アップを達成することができました。

 

これは私の力が凄い訳ではなく、競合他社がマーケティングに取り組んでいないだけです。

 

一番オーソドックスな方法だと、店舗集客は検索ワードで上位表示されればそれだけでも集客はできます。にもかかわらず、

  • 毎日のSNS投稿で疲弊している
  • HPやブログを持っている"だけ"になっている
  • HPやブログすら持っていない
  • 地元の雑誌に広告を出している
  • チラシをポスティングしている

などなど、費用対効果が薄い集客方法で疲弊している方が非常に多いです。

 

なぜそうなってしまっているのか?それは集客するノウハウ(方法)を知らないからです。

自分でしっかり「正しいマーケティングを学び、実践する」ことができれば、地方でも田舎でも集客を成功させるのは難しいことではありません。

まずは今回の記事で考え方や全体の方向性を理解していきましょう。

田舎や地方でWeb集客を成功させる7つのチェックポイント

田舎や地方でWeb集客を成功させる7つのチェックポイント

Web集客をする前に、チェックしておきたいポイントは以下の項目です。

  • ①「得意・不得意」を認識しているか?
  • ②集客したいターゲットは明確か?
  • ③自店舗のポジションは他店舗と違っているか?
  • ④お客様に見つけてもらえる媒体があるか?
  • ⑤顧客へ直接お知らせを届ける手段はあるか?
  • ⑥アンケートやお客様の声をもらう仕組みがあるか?
  • ⑦リピートされるための仕掛けをしているか?

一つずつ詳しく解説していきます!

 

①自分の「得意・不得意」を認識しているか?

人にはそれぞれ得意・不得意はあります。

例えば、「野球が得意でもサッカーは苦手」「白身魚は好きだけど青魚は苦手」など、得意不得意があるはずです。

 

これはオンライン集客でも同じです。

例えばSNSだと「文章やテキストは得意だけど、綺麗な画像を撮るのは苦手」「綺麗な画像を撮るのは得意だけど、動画で撮るのは苦手」「話すのは得意だけど、文章で伝えるのは苦手」など。

あなたの得意不得意を見極めて、集客する媒体を選択する必要があります。

 

よく見かけるのが、流行りの媒体に飛びついて、得意ではない媒体を選んで集客をしてしまうと、一時的には効果はあるかもしれませんが、その後が続かず、結果長期的に安定して集客することができなくなってしまいます。

そのため、運用する媒体の数が少なくてもスタート段階から自分の得意な媒体を選択していくことが集客を安定させていくポイントです。

②集客したいターゲットは明確か?

来店してほしいターゲット(お客様)を明確化しておきましょう。

  • 地元客or観光客
  • 年代
  • 性別
  • 家族構成
  • 朝・昼・夜
  • 新規orリピーター など

クライアントに初期コンサルをさせていただいたときに、「どんなお客様を対象にしていきたいのか?」とヒアリングすると、「色んな人に利用してほしい」と回答する方も少なくありません。

ですが、ターゲットを明確にしていないビジネスは、お客様に刺さる訴求ができず、本来集客したい理想のお客様を集客するのが難しくなってしまいます。

 

ちなみに、文章で一番簡単なターゲットを明確にする方法はキャッチコピーなどに「ターゲットコール」を設置することです。

  • 本格的なおいしいインドカレーを食べてみたい方へ
  • カロリーを気にせず、こってりラーメンを食べたい方へ
  • ホームページからの問い合わせを増やしたい店舗経営者様へ
  • 家族で鍋を囲んで笑顔でゆっくり食事を楽しみたい方へ

とターゲットコールを設置した場合、「あ、おいしい本格的なカレー食べてみたい」「家族で鍋もいいな~」などと感じた人は、その後の文章を読んでくれる可能性は高くなります。

また、上記例ではどんな人がターゲットなのか大体想像がつきますよね?

 

ターゲットコールはWeb集客では非常に重要なので覚えておいてくださいね。

このような感じで、まずはあなたの商品やサービスを提供していくターゲットを明確化していきましょう。

 

③自店舗のポジションは他店舗と違っているか?

自店舗のポジション(ポジショニング)に「優位性があるのか?競合していないか?他にない商品サービスは何か?」など、あなたの店舗のポジションを明確化していきましょう。

 

ポジショニングとは、「○○といえばあのお店だよね!」と言われることで、独自の強みや特徴が○○に入ります。

例えば「ラーメン屋」の場合、「おいしいラーメン屋」ではなく「豚骨が美味しいラーメン屋」というポジションを取ることができれば、その地域に豚骨ラーメンのお店が少なければ他のラーメン屋さんと差別化することができます。

 

ポジショニングに関しては、こちらの記事でも詳しく解説しているので一度チェックしてみてください。

お店のポジショニングを明確化する考え方

 

④お客様に見つけてもらえる媒体があるか?

あなたの店舗を見つけてもらうための媒体はありますか?

オンライン集客においての媒体と言うと、

  • SNS(Twitter、Instagram、Facebook、YouTube、など)
  • 検索結果に表示されるホームページやブログ
  • Web広告(Google広告、Facebook広告、Yahoo広告、など)

この辺りが代表的な媒体で、この中で一番利用者が多いのが「SNS投稿」です。

 

まずは知ってもらわないと来店してもらえる可能性はゼロなので、どんな媒体でも良いので「自分が好きで得意で継続出来そうな媒体」を作っていきましょう。

 

ちなみに、誰でも気軽にSNSを使って文章や画像、動画を投稿することができるようになったことで、店舗のPRや露出を増やすためにたくさん投稿している人も多いです。

もちろんSNS投稿も重要な媒体の一つですが、しかし「毎日のSNS投稿に疲れてしまった」「SNSの運用に時間が取られてしまう」「最新の機能を理解するのが大変」など、マイナスの要素もあります。

そういった方は、この後に紹介する「1日500円から始めるWeb広告運用」を学ぶことも視野に入れておきましょう。

 

⑤顧客へ直接お知らせを届ける手段はあるか?

あなたのお店や店舗から、お客様へ直接お知らせを届ける方法や手段は用意されていますか?

「知り合いだから電話をする」「知り合いにLINEを送る」などの方法ではなく、一斉に100人500人1000人にお知らせを届ける方法です。

 

地方や田舎に限ったことではありませんが、ほとんどのビジネスで売上を伸ばしていくためにはリピーターは必須です。

しかし、その大事なリピーターに向けて、新商品やキャンペーンなどのお知らせを届ける手段を持っていない店舗が多いのも事実です。

 

一度商品を購入してもらったり、サービスを利用してもらったお客様とは、連絡が取れる手段を用意しておくようにしましょう。

このリピーターを増やす方法も、この後の「リピートしてもらう集客方法」で説明していきます。

 

⑥アンケートやお客様の声をもらう仕組みがあるか?

アンケートやお客様の声はもらうようにしていますか?

お客様の声は、あなたの商品やサービスに対する感想であり、これから取り組んでいった方が良い改善点や、もっと伸ばしていくべき点を教えてくれる重要な役割があります。

 

お店側が気付かなかったところも、お客様の声で気付かせてもらってサービスや商品を改良する切っ掛けになることもあります。

実際に利用してもらったお客様の声と、お店側(提供側)では感じる点や思うことも違ううので、必ずお客様の声をもらえる仕組みを作っておきましょう。

 

テーブルに紙のアンケート用紙を置いている店舗を見かけたことがあると思いますが、あれも非常に有効なお客様の声をもらう仕組みです。

今はインターネットを使って誰でも気軽にSNSに投稿できる時代になったので、感想を投稿してもうことだってできます。

人はメリットがあれば行動してくれる可能性が高くなるので「感想を投稿してくれたら○○プレゼント!」のような感じで、お客様の声をもらえる仕掛けを考えてみましょう。

 

⑦リピートされるための仕掛けをしているか?

新規集客だけに力を入れていると、ずっと集客し続けなくてはいけないので非常に負担が大きくなります。

新規のお客様の中から、一定数の人がリピーターになってくれることで売上げも上がり、ビジネスをコントロールしやすくなります。

 

そのためには「リピートしてもらう仕掛け」を作っておくことが重要です。

例えば、誕生日の月に割引券やクーポンがメールやDMで届いたことはありませんか?あれもリピートしてもらうための仕掛けの一つで、「リストマーケティング」の一種です。

この後の「定期的なクーポンやキャンペーンで来店を促す」の項目で詳しく解説しますが、商売をしている人は必ず取り入れた方が良い、大昔から続くマーケティング手法です。

 

地方や田舎でWeb集客を成功させて加速させる方法

地方や田舎でWeb集客を成功させて加速させる方法

「地方や田舎」と「街中や都会」では、集客方法を少し変えていく必要があります。

というのも、私自身が現在地方(田舎)に住んでいて、地元のクライアント様の集客の悩みを聞いて肌で感じる部分があるからです。

そんな肌で感じた内容を基に、地方や田舎でWeb集客を加速させる方法について説明していきます。

 

①口コミを活用した集客

地方や田舎になればなるほど、来店した理由に「口コミを見て」と言う声が多くなります。

私自身も、住んでいる田舎にあるお店や地方の店舗などを頻繁に調査するのですが、集客に成功しているお店の多くが「インターネット上に口コミが多い」ということです。

都会や街中に比べて競合やライバルが少ないので、口コミがあるだけで多くの人に人気で支持されているという印象をあたえることができます。

更に、良い口コミが多ければ、そこから地元テレビ番組や雑誌の取材を受けることもあります。

 

このような口コミを利用した集客活動、口コミを自然と発生させることを促すマーケティング手法「バイラルマーケティング」と言いますが、集客に限らず認知拡大などの効果も非常に大きいので、ぜひ取り入れるようにしていきましょう。

バイラルマーケティングとは?戦略的に集客を加速させる方法!

 

地域を絞った1日500円の広告配信で集客

Web広告を活用することで「爆発的に、圧倒的スピード」で集客を可能にすることができます。

と言うのも、最近のWeb広告は非常に優秀で

  • 配信したいエリアを決められる
  • 年齢層、性別、家族構成、収入、興味、関心、などを決められる
  • 一度興味を示して、接点を持った人に広告を配信できる

など、他にもかなり細かな部分までターゲットを絞り込んで広告を配信することができます。

 

従来のテレビCMや新聞広告では、不特定多数に広告を出す「認知型」の広告が主流でしたが、Web広告を活用することで成約に近い人広告を出す「成約型」の広告を出すことができるようになりました。

そのため、少ない費用でも効果が高い広告を出すことができます。

 

しかも、Web広告大手のGoogle広告やFacebook広告は1日500円程の広告費用からスタートすることができるので、誰でも気軽に始めることができます。

Google広告の始め方!スタートアップマニュアル
Facebook広告の始め方!スタートアップ完全マニュアル!

 

ちなみに、Web広告の配信を運用代行してくれる代理店もありますが、最低利用金額や別途利用料が発生するので、個人で運用してくことをおすすめします。

Web広告の出し方やそこからどうやって売上に繋げていくかなど、基礎から応用までをトータルで学べる5ステップ動画も無料公開しているので参考にして下さい。

すぐ集まる!アクセスupの実践的な集客方法5ステップ 動画付き

 

③“地域検索”で上位表示させる集客

正直、地方や田舎でも地域検索で上位表示されれば、ある程度の数の集客を見込むことができます。

地域検索で上位表示させるとはどういうことかと言うと、例えば"鳥取市のラーメン屋さん"を例にすると「鳥取 ラーメン」とYahooやGoogleで検索した時に、あなたのお店が検索結果の1~3位くらいに表示されることです。

他にも、"鹿児島市の美容室"を例にすると「鹿児島 美容室」とユーザーがネット検索をしたときに、自店舗のサイトが上位に表示されれば自然とアクセスを集めることができます。

 

このように上位表示されるには「SEO対策(検索エンジン最適化)」と呼ばれる、専門性の高いスキルと知識、長期的なスパンでのWeb施策を行う必要があります。

しかし「サジェスト広告」を利用することで、数日であなたのWebサイトを上位表示させることができるので、早くオンライン集客をしたいと考えているのであれば検討してみる価値はあります。

サジェスト広告とは?低費用で爆発的に集客できる方法があった

 

先ほど紹介した「アクセスupの実践的な集客方法5ステップ動画」ではSEO対策もサジェスト広告も詳しく解説していますよ!

すぐ集まる!アクセスupの実践的な集客方法5ステップ 動画付き

 

リピートしてもらう集客

ビジネス全般に言えることですが、売上を安定させるためにはリピーターは必要不可欠です。

ではどうやってリピートしてもらえるようにするのか?一番簡単な方法として、

  • 忘れられないように定期的に連絡をする
  • 定期的なクーポンやキャンペーンで来店を促す

この2つは必ず取り入れたい内容です。

 

忘れられないように定期的に連絡をする

せっかく来店してもらっても、1回限りで忘れられてしまっては次に来店してもらえる可能性も低くなります。

また、定期的に連絡をしておくことで「ザイオンス効果(単純接触効果)」と言う、度々接触したり、繰り返し耳にしたり目にしたりするにつれて、親近感が増していく心理効果が働きます。

 

定期的なクーポンやキャンペーンで来店を促す

営業されるのを嫌う人は多いですが、クーポンやお得な情報が届くと人は嫌な気分になる人は少ないです。というのも、クーポンなどは自分にとって「得な情報」と認識しているからです。

お店としては「クーポンを発行して来店してほしい」という意図があっても、受け取り手のユーザーは「得な情報をありがとう」と捉える人が多いので、間接的に営業をすることができます。

 

このように、一度来店してもらったり、サービスを利用してもらったお客様には、直接連絡ができる手段を用意しておくことが、リピーターを増やす秘訣です。

これは「リストマーケティング」と呼ばれる、大昔から使われているマーケティング手法で、誕生日などのDMやメールでクーポンや割引券が届くのも、リストマーケティングの一種です。

リストマーケティングとは?会社員の副業でも出来る方法

 

最近の飲食店や店舗などでは、LINEを活用したリストマーケティングでかなり成果をあげることができるので、ぜひ取り入れていきましょう。

飲食店などの店舗集客!無料のLINE公式アカウントで集客力と売上アップ!

 

⑤仕組みを作って集客労働からの脱却

SNSなどの普及で誰でも気軽に情報発信ができるようになって集客媒体も増えた反面、「集客労働に疲弊」している方も多くなりました。

ここまででも説明しましたが、

  • 毎日のSNS投稿に疲れてしまった
  • SNSの運用に時間が取られてしまう
  • 最新の機能を理解するのが大変 など

大変な思いをされている方も少なくありません。

本来は「良いサービスや商品を提供すること」が仕事のはずなのに、「集客することが仕事」みたいな状況になってしまうと本末転倒です。

そんな方は、「集客の仕組み化」「オンラインの自動化」「口コミを巻き起こす仕組み」を作って、集客労働から脱却することを検討してください。

すぐ集まる!アクセスupの実践的な集客方法5ステップ

 

本業であるあなたのサービスを提供することに専念して、お客様に喜んでもらうことが、集客を成功させて加速させる秘訣です。

田舎や地方の店舗集客について最後に

今回の記事では、田舎や地方で集客するための考え方や集客を加速させる方法を説明しました。

課題を明確にして、集客方法を実践して、一つずつクリアにしていくことで、必ず集客数はアップしていきます。

というよりも、一つずつじゃないと、店舗運営がメインのお仕事では一気にやるのはかなり難しいです。

 

もし、現状の把握から集客方法の改善、そして売上を上げていくための最短ルートを明確にして進みたいとお考えでしたら、今回紹介した内容が総合的に学べる「すぐ集まる!5ステップ無料動画」を確認してくださいね。

すぐ集まる!アクセスupの実践的な集客方法5ステップ

今まで見えなかった気付きが沢山あるはずですよ!

今回の記事が少しでも参考になったと思ったら、ぜひ「いいね」だけでもご協力いただけると嬉しいです!

すぐ集まる!超実践的な集客方法プレゼント!

この記事が少しでも
参考になったら
フォローしよう!

最新情報を素早くお届けします!

Twitterでフォローしよう